業態説明

HISTORY

2010年9月  韓丼 新堀川店OPEN
2013年7月  韓丼 北名古屋店OPEN
2013年12月  韓丼 山科店OPEN
2014年3月  韓丼 京都八幡店OPEN
2014年12月  韓丼 枚方店OPEN
2015年10月  韓 ライセンス募集スタート
2016年10月  韓 奈良押熊店OPEN
2016年11月  韓 津島店OPEN
2017年7月  韓丼 松坂店OPEN

LOCATION LAYOUT

  1. 1. 郊外ロードサイド
  2. 2. 建坪35坪以上
  3. 3. 駐車場20台以上
  4. 4. セルフオペレーション
  5. 5. 店内レイアウト

STRONG REASON

1.ファーストフード業界の拡大

ファーストフード業界の拡大の遷移

2.勝ち組のポジション

日本初・業界初

ワンコイン焼肉ファーストフードの業態です。

ボリューム感

たっぷりのカルビがボリューム感を与えます。 韓丼の並盛は丼チェーン店の大盛と同じくらいの量です。

臨場感・できたて感

オープンキッチンで調理の一連の動きが見えるので、できたて感が違います。

3.差別化された「カルビ丼」

“焼く”からおいしい肉

肉の食感を生かすには”焼く”のが一番!香ばしさとボリュームの両立ができます。

「秘伝のタレ」でさらに美味しく!

フレッシュな野菜や果物を独自の配合でたっぷり使用した贅沢なタレは、味わい深く、香り深い。他店には真似できない自家製「秘伝のタレ」です。

実演!焼きパフォーマンス!

オープンキッチンでカルビを網焼きするシズル感がさらに食欲をそそります。

4.女性に大人気!ヘルシーでお肌ツヤツヤ「スン豆腐」

健康的なカラダ作りをサポート!

高タンパク・低カロリーの豆腐には、女性ホルモンの働きを助ける大豆イソフラボンが含まれており、調味料として使用している唐辛子には、カプサイシンが含まれており、新陳代謝を高める発汗作用により保湿効果が高まり、脂肪を燃焼させ肥満予防に高価があると言われています。さらに乾燥肌の体質改善にも繋がります。疲労回復や夏バテ予防にも効果があると言われているビタミンAやビタミンCが豊富に入っています。

競合が少ない郊外立地

「スン豆腐」は都市商圏で、ヘルシー志向の女性に大人気の商品です。しかし、郊外立地では、まだまだ競合が少ないため、まさにブルーオーシャン!

5.高い収益性

早期投資回収

新堀川本店は、初期投資役3471万円、月額平均営業利益227万円で、投資回収年月約15ヶ月の実績です。

平均月商1,300万円を実現している理由

「ワンコイン」の”カルビ丼”と、ヘルシーで人気の”スン豆腐”の2大人気メニューが高い集客力を誇ります。

低コスト

シンプルオペレーションでアルバイト中心の運営が可能なため、人件費約22%を実現。 ※表記上の数値は新堀川本店の実績であり、収支の保証をするものではありません。

6.価格競争に巻き込まれない

ナショナルチェーンに巻き込まれない差別化戦略

飲食店の利用動機や価格感が変わる中、他社と似たようなメニューを提供するのではなく、自社独自の特徴を全面に出した結果、ナショナルチェーンの価格競争に巻き込まれることなく売上確保が可能となりました。